MiLK

忙しい女性の悩み!なかなか消えない目の下のクマの対処法まとめ
COSME

忙しい女性の悩み!なかなか消えない目の下のクマの対処法まとめ

多くの女性が悩んでいる目の下にある「クマ」 コンシーラーで隠してもなかなか消すことは難しいですよね クマにも種類があって種類ごとにケアの仕方が違うので自分のクマのタイプを見極めてしっかりケアしていきましょう♪

01 なかなか取れない!目の下の頑固なクマ

コンシーラーで隠してもなかなか消えないクマ。

実は、クマには3種類あるんです!「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」です。

それぞれのクマには原因があります!原因ごとにちゃんとケアができる美容液などがあるのでしっかりケアしていきましょう♪

 

①青クマ

1つ目は、「青クマ」です。

目じりを引っ張ると色が薄くなったらそのクマは「青クマ」です。

青クマの原因は、血行不良・寝不足・眼精疲労などがあげられます。

血行を良くして代謝をあげて老廃物を排出することで青クマは消すことができます!

♡おすすめ♡

「冷え性で目のクマだけじゃなくて手足も冷える」「パソコンやスマホを長時間使っていて目が疲れてる」

そんな方におすすめです♪

冷え性の女の人にできやすい「青クマ」そんなときは、温めて血行を良くするのがおすすめなんです。

蒸気で優しく目を温めてくれるので◎

いい香りのアイマスクなので、血行促進だけじゃなくリラックス効果もあるのでおすすめ!

「目のクマも気になるけどほかのスキンケアもしたい!」「目の下だけじゃなくて全体的にトーンアップしたい」

そんな人におすすめ♪

泡のタイプのマスクで、顔に乗せるとじんわりあったかくなり炭酸マスクなので血行を良くしてくれます!

洗顔もできちゃうので、目の下の薄い皮膚をこすらないで済みます♪

クマにほかにも、肌が全体的にトーンアップしたという口コミも!

固めの泡になっているのでぽたぽた落ちることもないので◎

②茶クマ

二つ目は、「茶クマ」です。

茶クマの原因は、メイク落としや洗顔によって生じる摩擦が原因の色素沈着です。

目じりを引っ張ってもクマの色が変わらなっかたら「茶クマ」です。

肌に直接色がついてしまっているので、美白効果のある化粧品やアイクリームで茶クマを薄くする必要があります。

 

色素沈着の原因となるメラニン色素を抑制するプラセンタが入っているので◎

アイクリームは、高価な物が多い中お手頃な値段で購入できてドラッグストアでも売っているのでオススメです!

茶クマだけでなく、シミなどのも有効なのでほかに気になるところに塗ってみてもいいかもしれません!

保湿力もあるので乾燥が気になるこれからの時期につかいたいアイテムですね♪

③黒クマ

最後は「黒クマ」です。

「黒クマ」の原因は、目の下の皮膚のたるみです。たるんでしまった皮膚の影で黒く見えてしまうのです。

指でひっぱたり、上を向いてクマが消えたのな「黒くま」です。

そこでおすすめなのが「美顔器」です!

直接目の下の筋肉と皮膚にアプローチしていくのと、目以外にも顔にも使える物だったり体にも使えるので◎

「目の下もだけど顔全体のたるみが気になる」

そんな方におすすめです♪

ライザップ監修の美顔器なので表情筋を鍛えてくれる美顔器のなっています。

体に当てることで内側にじわじわ熱を伝えてリンパの流れを良くするラジオ周波が今までサロンでしか使えなかったのですが家庭用美顔器で使えるようになったのでおすすめです!

「持ち運びもできるようなコンパクトな美顔器がいい」

そんな方にオススメです。

リフトアップやたるみなどに特化したひきしめ専用の美顔器です♪

充電式でコードにつながなくても使えるので持ち運びできたり、テレビなど見ながら美顔器を使うことができます!

シミなどには、効かないのでシミも気になる方は他の物をおすすめします!

目の下のクマにサヨナラ!

多くの女性が悩んでいるであろうクマ。

クマはクマでも種類があってそれぞれケアの仕方が違うので紹介した方法を参考にしてクマを撃退してみてください♪