MiLK

クリスマスまでもう少し・・!男性ライターが書く本当の”男ウケ”とは??
TREND

クリスマスまでもう少し・・!男性ライターが書く本当の”男ウケ”とは??

恋人の祭典でもある一年のビックイベント、クリスマスが着々と近づいてきています。 この時期になると、色々な女性メディアで”男ウケ”に関した記事が増える印象。 そこで一つ疑問に思ったのが「男ウケの記事を書いているのって女性じゃね?」と言う所です。 今回、メンズで且つ女性メディアでのライターを務める男性ライター目線でリアルな”男ウケ”をご紹介します。

01 クリスマスまであと少し・・ぼっちクリスマスは避けたい・・!

恋人の祭典でもある一年のビックイベント、クリスマスが着々と近づいてきています。

この時期になると、色々な女性メディアで”男ウケ”に関した記事が増える印象。

そこで一つ疑問に思ったのが「男ウケの記事を書いているのって女性じゃね?」と言う所です。

今回、メンズで且つ女性メディアでのライターを務める男性ライター目線でリアルな”男ウケ”をご紹介します。

勿論なこと、人によって好みは違いますのであくまで平均的な意見としてご拝読していただければと思います。

02 男ウケは”2種類”ある??

男ウケは大きくわけて

1、彼女にしたい、結婚したい。

2、肉体関係を持ちたい、ワンナイトラブ。

の上記2つに別れると思います。

「どんな人を彼女にしたいか?」

と言われれば勿論、遊びまくっていたりすぐ他の男の所に行きそうな人は嫌です。

逆にどんな人をワンナイトラブに誘うかと言われれば軽そうで”いけそう”な娘を手っ取り早く選ぶだけです。

例えばセクシーな服装や肌の露出が高い服装は”男ウケ”はいいけどある意味”男ウケ”は悪いのです。

03 じゃあ男ウケのいい”ファッション”ってなに??

色々な”男ウケ”の記事を拝見していると、よくある回答で

「ワンピース」「清楚な服装」の二つが目立ちます。

これに関してはあながち間違いではないのですが、ただ難しい点が1つ。

”白いワンピース着れば大丈夫”というわけではなという所です。

これを男性に置き換えた時、WEARなどで人気なファッションを見ると

少しだるっとしたような歌手の”米津玄師”さんのようなファッションが支持されています

同じファッションを筋骨隆々な”いかつい”男性が着用したら多分違和感を感じませんか?

それと同じで自分の年齢やスタイルにあった服装を着るのが大前提なんです。

結局何を着ればいいの??

自分の年齢やスタイルにあった服装を選んでいるを前提にして2点ポイントを選ぶと。

1、近寄りやすい

2、意味がわからなくない

を考慮してファッションを選べば引かれることはまずないと思います。

1の近寄りやすさは男性は基本的に”怖い女子”には近寄りずらいです。

女子が思うかっこいい女子、

例えば仕事がテキパキでパンツスタイルが多いサバサバっとした女性には

合コンや街コンとかで自分から声がかけにくい男性は多いと思います。

逆に、少しふんわりとして話しかけやすい女子がモテる、狙われやすい傾向にあると思います。

また2の意味がわからなくないは簡単で”奇抜すぎない”こと。

女子のトレンドでも男性からしたら理解できないファッションって結構あります。

春や夏に去年あたり流行った”シースルースカート”はイソギンチャク??と疑問に持ちます。

ハイウエストなパンツやレオパード柄、コルセットベルトなども

理解が追いつかない男性が多いと思います。

トレンドファッション≠男ウケなわけです。

04 男ウケのいい”メイク”ってなに??

これについては非常に簡単でどこのサイトにものってるような”ナチュラルメイク”です。

意外かも知れませんが”カラコン”や”アイプチ”よりも”厚化粧”の方が男性は気づきます。

カバー力のあるファンデや厚塗り感、濃いリップどれか一つ濃いポイントがあれば理不尽な事に厚化粧と言う印象に。

また、ファッションと同じくコスメに関してもトレンドメイク≠男ウケのルールは健在です。

”カラーメイク””濃いめの赤リップ” ”立体的で濃いアイブロウ”など独創的で目新しいメイクは

一歩引かれがちなのでご注意してください!

05 特に第一印象が勝負の時に大事!!

街コンや合コンや友達の紹介。

初対面の人と出会いの場で勝負する場合は上のようなことを参考にすれば「ん?」と思われることはないと思います。

女性も好きな男性のタイプがあるように男性も好きな女性のタイプは様々です!

自分の狙っている異性に合わせて服装やメイクも合わせていくことが一番だと思うので

クリスマスまであと少しですが、出会いを求めている方はあと1ヶ月頑張っていきましょう!